novels

0
    今の私に必要なのはこの人の小説なのかもしれない。

    同じ年の女の人の人生を少し覗いてみたかった。
    そして安心したかった。

    ”きっと君は泣く”のラストを理解するまでには
    もっと成長しないといけないけど。

    まほろを読んだ時みたいな驚きはないけど
    読み易くって、すごく面白かった。

    mists * book * 22:30 * comments(0) * trackbacks(0) * -
    このページの先頭へ