秋と私

0

    9月のこの時期の気候が好きだ。

    脱ひきした後、がむしゃらにバイトしてて、

    電車通勤ではずっと下向いてて。

    それは夏の暑い時期だった。

     

    そんな日々を続けていたある時、

    最寄りの駅の椅子に座って電車を待ってる時に、

    あれなんか涼しいって。

    初めて季節を感じて嬉しかった。

     

    それまでひきこもっては、外に出たり

    そんなのを繰り返してて季節を感じる余裕もなくて。

    秋ってこんな気候なんだって感覚を感じる事ができた。

     

    毎年毎年この時期が来たら思い出す。

    あの頃からもう10年以上過ぎた。

     

    もっと気楽で幸せでいて良かったのに。

    背伸びをして、無理して演じて、

    周りに認めてもらえるように生きなくても良かったのに。

    あなたの周りには「普通になれ」という人しかいかなったでしょ。

    今は「普通」を目指すのが苦しくて苦しくて。

    元に戻れないことを知りつつも、

    引き返すのには勇気がいるよ。

    mists * - * 21:37 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    ひとりごと

    0

      最近、夜は涼しい。

      洗濯物を部屋干しして窓を開けたら、

      涼しい空気と共に洗剤のいい香りが部屋に広がる。

      気分が和らぐ。

       

      のんびり暮らしたい、自分のペースを保ちながら丁寧に暮らしたい。

      でも隣には誰かいてほしい。

       

      悩みから寝逃げしてるような休日の過ごし方じゃなくて、

      悩みも忘れた穏やかで無駄な過ごし方をしたい。

       

      下を見ては安心し、上を見ては嫉妬して

      生きることを疎かにしない。

      外に出ると悔しさを感じることがあるけど

      この悔しさは本物なのかな。

      mists * - * 21:08 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      Suffering

      0

        傲慢で無神経なのはどっちだ

        ただ残酷に

        誰でもいいから痛めつけたかった

        ---まほろ駅前多田便利軒より抜粋---

         

        誰かに認めてほしいと思う気持ちが、自分の人生の道筋を決めてしまう。

        人が羨む仕事、人が羨む生活、人が羨む容姿。

        私には無理だと途方にくれる。

         

        両親にずっと「普通になりなさい」って言われ続けてきたけど、

        最近になってそれは「出来損ない」って意味だったんだなって。

        変わってるとか、道を外れてるとか言う意味じゃなくて

        出来損ないっていう意味だったのかなって。

         

        この出来損ない、いい加減にしろよって言う気持ちを

        「どうして普通にできないの」って言う言葉に変えて

        彼らは私と向き合っていたのかな。

        mists * - * 18:07 * comments(0) * trackbacks(0) * -

        尾美一の回

        0

          いいか二人とも

          涙っつうのはな、流せば辛い気持ちや悲しい気持ちも一緒に洗い流してくれる便利な代物だ

          だがいつか二人も大人になったら知る

          人生には涙なんかじゃ流せん大きな悲しみがあることを

          涙なんかじゃ流しちゃいかん大切な痛みがあることを

          だから本当に強い人間ってのは泣きたい時ほど笑うのさ

          痛みも悲しみも全部抱えて、それでも笑ってヤツらと一緒に歩いていくのさ

          今は泣きたい時には泣けばいい

          でもいつか二人もそんな強い侍になれ

          ---銀魂 尾美一の台詞より抜粋---

           

          悲しくて辛い時は、その気持ちを共有できるような作品を見る。

          一人で悩んでるには変わりないはずなのに気持ちが落ち着く。

          mists * - * 17:41 * comments(0) * trackbacks(0) * -

          その先は

          0

            就職して、一人暮らししたら出来上がり。脱ひきして、学校に通いだしたら終わり。心の中は何も変わらないのに、元に戻ったとか、やっとちゃんとまともになったとか。本当はこんなことしたくない、その気持ち自体は間違いも正解もないでしょ。どうしても腑に落ちない、自分の人生だから諦めきれない。どうしてこんなにも辛い。

            仕事は続けて、一人暮らしして自分の空間を作って、毎日こつこつとした生活を過ごして、そうやってお金を貯めて、それからその先は。

            年齢を重ねるにつれ症状は重くなる。思春期の心の揺れと言い訳できてたものが消えて残ったのは本当の問題。心は目に見えないものだから、自分の気持ちの行方を一度追い始めたら、ずっと追い続けていないといけなくなる。

             

            音楽に癒される。中国映画の雰囲気に癒される。良い香りに癒される。美味しい料理に癒される。暖かい紅茶に癒される。一人の空間に癒される。ふかふかのブランケットに癒される。辻仁成のツイートに癒される。暖かい人の笑顔に癒される。

            今日のBGMは宇多田ヒカルとワンリーホン。10年以上も前から好きな曲を聴いて、仕事で薄れた自分を取り戻す。

            mists * - * 20:54 * comments(0) * trackbacks(0) * -

            何のための時間

            0

              もうすでに仕事を辞めたい。仕事でミスばっかりして白い目で見られる。ビクビクして謝ってばかり。ストレスで体重増加が止まらない。明後日に上司にバレンタインのチョコを個人で買わないといけない、周りの人がそうしてるから私もしないといけない、そんなのめんどくさいけどしないといけない。紹介予定派遣だから契約切られるような気がして怖い。

               

               

              そんな現実世界から逃げる。

              仕事はお金のため、無くては困る。多くのお金は不要だけど、生きるためのお金は必要。仕事をしてる7時間はお金のため、それ以外の17時間は何のための時間だろう、いつもベットで横になって何かから逃げるようにyoutube見てるけど。

              必要最低限のものはどれだけあるんだろう、本当にしたいことはなんだろう。

              実力が伴ってないことと怠け癖が問題。買っても読まない本、やめられない過食も問題。その問題を取り除くことが本当にしたいことなんじゃないの。問題に埋もれてるけど、やってて気持ち良いことはあると思うんだ。問題を取り除いて、新しい楽しみを見つけていくのはどうだろう。今みたいに問題に埋もれていると五感が鈍ってしまう、小さくなった脳みそがさらに小さくなる。

              まずは好きな事ばかりで自分の周りを固めていこう。

              それで一日5分努力して、続けていこう。

               

              派遣の契約もいつ切られるかわからないし、明日死ぬかもわからないし、将来は不安ばかりだからこそ。

               

               

               

               

              mists * - * 21:21 * comments(0) * trackbacks(0) * -

              今年もよろしくお願いします

              0

                定期預金が20万円あると思っていたら、とっくの昔に払い戻してた。本当の本当に全財産が3-4万円前後だったので、急遽キャバクラで3日バイト、数年ぶりに夜の世界にお邪魔。ダメ人間過ぎる。3日で7万2千円稼いだけど、ストレスで3日連続悪夢に悩まされ、最終日には1円玉くらいの大きな蕁麻疹が4つも顔にできる。人それぞれ色んな事情があってキャバクラで働いたり、遊びに来たりしてるんだろうなと思いながらもかなり疲れてた。やっとガキ使を見て年末年始の気分。あーのんびりしよう。食べたいだけ食べて、ベッドの上から動かないで、正月の特番見ながらのんびりしよう。

                 

                 

                 

                mists * - * 00:33 * comments(0) * trackbacks(0) * -
                このページの先頭へ